logo

NTTドコモ、飲食店向け店内モバイルオーダーシステム「EasyEat」の提供開始

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは1月20日、飲食店への来店客自身が、スマートフォンを使ってメニューの注文や決済を行えるシステム「EasyEat(イージーイート)」の提供を開始したと発表した。

キャプション

 同システムを導入した飲食店は、管理画面にてメニューや写真を登録すること、来店客が自分のスマートフォンで注文から決済まで着席したまま行えるようになる。

 また、メニューがデジタル化され簡易に入れ替えができるため、例えば曜日や時間帯によっておすすめメニューを変更し、売上向上に最適なメニューを検証するなどマーケティングに活用可能。メニューは英語対応しており、2020年4月以降、韓国語と中国語(簡・繁)にも対応予定。

 同社によると、外食産業においては、人手不足、インバウンド対応などの課題解決が急務となっているという。同システムは、オーダーエントリーシステム(OES)と連携しており、POSデータとの連動も可能。これにより、飲食店の店員稼働削減、来店客の回転率向上につなげられるとともに、来店客の待ち時間削減、顧客満足度向上などが期待できるという。

キャプション

 なお、来店客のスマートフォンがドコモ回線と契約していなくても利用できる。支払い方法は、クレジットと現金払いが選択でき、2020年4月以降にd払いとAlipayにも対応予定。将来的には、飲食店検索・予約から注文・決済までワンストップでスマートフォンにて行えるサービスを目指し、NTTドコモの会員基盤を活用して飲食店の集客向上に貢献するとしている。

 同社によると、1月22〜23日に開催される「居酒屋Japan2020」(東京会場)および、2月18〜21日の「国際ホテル・レストランショー」に出展し、デモを実施予定だという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]