logo

NTTドコモ、動画共有ができる無料アプリ「MARKERS」--5G見据え

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは1月20日、スマートフォンやビデオカメラで撮影した長時間の動画から、簡単な操作でシーンをピックアップし、家族や仲間と安心・安全に動画を共有できるアプリ「MARKERSTM(マーカーズ)」の無料提供を開始したと発表した。

キャプション

 MARKERSは、家庭や部活動・サークルなどのグループ内において、スマートフォンやビデオカメラ(RTMP対応の通信機器が必要)で撮影した動画を手軽に共有・活用できる動画共有アプリ。

 撮影中や視聴中の任意のシーンに印(Marker)がつけられるのが特徴。同機能を利用すれば、例えば運動会などのイベントで子供が活躍した場面をピックアップして視聴したり、スポーツチームで得点シーンや重要なプレーをすぐに振り返ったりと、さまざまな用途に利用できる。

 また、動画は簡単な操作で特定のグループ内に共有でき、グループ内でのライブ配信を行うこともできるため、離れた場所にいる家族や友人、メンバーとの動画をきっかけとしたコミュニケーションがとれるようになる。

キャプション

 1グループ内で共有できる動画の総容量は最大で30GB。グループメンバー数が1〜5名の場合は5GBまで、6名〜29名の場合は1GB×メンバー数まで、30名以上の場合は30GBまでとなる。なお、動画1本あたりの容量制限はない。

 さらには、動画を自分用としてクラウドに保存(個人用のクラウド保存容量は5GB)することで、時系列での整理にも対応する。

 対応機種にMARKERSをインストール・ニックネーム登録を行えば、ドコモ回線の契約がなくても利用可能(ニックネーム登録から30日経過後は、dアカウントを登録することにより継続して利用できる)。

 同社では、LTEやWi-Fi環境下でも利用できるが、2020年春に商用サービス開始を予定している第5世代移動通信方式(5G)の特徴である高速・大容量の通信を生かすと、より多くの動画を共有しやすくなり、動画の再生も一層スムーズになるとしている。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]