logo

ファーウェイ、GPS搭載スマートバンド「HUAWEI Band 4 Pro」--8800円で

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は1月14日、「HUAWEI Band 3 Pro」の後継機である多機能スマートバンド「HUAWEI Band 4 Pro」を1月17日より順次発売すると発表した。カラーは、グラファイトブラック、シナバーレッド、ピンクゴールドの3色を用意。市場想定価格は、8800円(税抜)。

キャプション

 HUAWEI Band 4 Proは、独立したGPSを内蔵。スマートフォンに接続しなくても、外出時のトレーニングが記録できるようになった。

 また、11種のワークアウトにも対応。屋外/屋内ランニング、屋外/屋内ウォーキング、屋外/屋内サイクリング、エリプティカル、ローイング、自由訓練、オープンウォーター、プールといった多様なモードを搭載し、トレーニングの心拍数、ペース、カロリーなどの運動データをリアルタイムにフィードバックするという。

 これにより利用者は、トレーニング効果、回復時間、最大酸素摂取量などの情報を知ることで、運動状態を調整しながら、運動効果をより向上させられる。

 さらに、心拍数をより精緻に計測する「HUAWEI TruSeen 3.5」や睡眠モニタリングの「HUAWEI TruSleep 2.0」などの機能を搭載。Androidスマートフォンを使用し、ウォッチフェイスのダウンロードにも対応した。

キャプション
キャプション

 また、前モデルのHUAWEI Band 3 Proと比べ、通常使用時のバッテリー持ちが向上。対応するワークアウトも増加している。

 ウォッチフェイスには、0.95インチ(240×120ピクセル)AMOLEDカラータッチスクリーンを採用しており、屋外でもスクリーンが見やすくなっているという。

 このほか、着信やメッセージなどをはじめ、スケジュールや天気などの情報表示、スマートフォンをなくした際に役立つ「スマートフォン探索」機能、自撮りやグループ撮影などに便利な「リモート撮影」機能などを搭載している。

 ケース素材は、ステンレス。本体サイズ(約)は、奥行き11mm×高さ45mm×幅19mm。重量(約)は、12g(ベルト含まず)。通信規格は、Bluetooth 4.2 BLE。バッテリー性能は、通常使用約12日。GPS使用時約7時間。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]