logo

OnePlus、次期スマートフォンは120Hzディスプレイ搭載

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年01月14日 10時47分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「OnePlus 7」シリーズで90Hzディスプレイを売りにしていたOnePlusが、次期スマートフォンではリフレッシュレートをさらに引き上げるつもりらしい。同社の創設者で最高経営責任者(CEO)を務めるPete Lau氏は新しいブログ記事の中で、同社が2020年に、さらに滑らかな120Hzの「Fluid Display」を搭載する端末を市場に投入する予定であることを明らかにした。

提供:Andrew Hoyle/CNET
提供:Andrew Hoyle/CNET

 Lau氏によると、Samsung Displayと提携して開発された新しいAMOLEDは、1000nitのピーク輝度を達成し、高速なリフレッシュレートによる滑らかなスクロールと使用感に加えて、タッチの反応が速いという。

 その結果、新しいディスプレイは、「クリック反応、スクロール反応、精度」の測定において競合製品よりも「はるかに優れた結果を達成」したと、Lau氏は記している。

 動画の画質と再生を改善するために、同社はハードウェアベースのMEMCをこのディスプレイに追加している。MEMCは「motion estimation, motion compensation」(動き推定、動き補償)の頭文字で、同社はこれによって、リフレッシュレートの高いディスプレイにおける動画の画質を向上させ、消費電力を増加させることなく「シームレスで滑らかな視聴体験をユーザーに」提供するという。

 新ディスプレイはそれ以外にも、10ビットカラーをサポートし、「各原色に対して1024種類の色調と、10億7000万以上の色」が再現可能だ。

 OnePlusが新しいスマートフォンシリーズをいつ発表するかは不明だが、サムスンの次期「Galaxy S」シリーズは120Hzディスプレイを搭載するとされているため、競合製品はいくつか存在することになりそうだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]