logo

サムライインキュベートが「アフリカ2号ファンド」を組成--ケニアや南アフリカに投資

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムライインキュベートの子会社であるサムライインキュベートアフリカは1月9日、アフリカ大陸のスタートアップへの出資・インキュベーションを目的とした「Samurai Africa Fund 2 号投資事業組合」(アフリカ2号ファンド)を組成したと発表した。

キャプション

 投資対象国は、ケニア共和国、南アフリカ共和国、ナイジェリア連邦共和国の3カ国を中心とするアフリカ諸国。投資対象領域は、金融・保険、物流、医療・ヘルスケア、小売・EC、エネルギー、農業、交通・モビリティ、エンターテインメント。投資ラウンドは、シード〜シリーズA。投資金額は500〜5000万円程度。ファンド総額20億円を目標に出資者を募集するという。

 同社は現在、独立行政法人国際協力機構(JICA)からアフリカ地域における起業促進やスタートアップエコシステム形成に関する調査を受託しており、かかる調査に基づいて、JICAに対してアフリカ起業家支援に関する提言をまとめる予定だという。

 これまでもサムライインキュベートとサムライインキュベートアフリカは、アフリカ大陸で活動する創業期スタートアップに出資や成長支援をしており、現在18社への出資・インキュベーション支援を実施しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]