logo

note、月額課金のコミュニティが作れる「サークル機能」を2020年2月に提供へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャプション

 ピースオブケイクは12月17日、同社が運営するメディアプラットフォーム「note」において、月額課金サービス「サークル機能」を2020年2月から提供すると発表した。

キャプション サークル機能のイメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

 noteは、クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるサービス。2014年4月にサービスを開始し、現在までに約500万件の作品が誕生。月間アクティブユーザー数は2000万人(2019年9月時点)に達しているという。従来は、読者が毎月一定数の記事を購読できる「定期購読マガジン」機能により、クリエイターがファンと継続してつながる支援をしてきたと説明する。

 新たに提供するサークル機能は、クリエイターが創作活動を続けられるように、ファンがサークルメンバーとなって支援する月額課金制サービス。クリエイターがメンバー向けの特典を自由に設定できることが特徴で、たとえば「メンバー限定の試食会で新メニュー開発の参考に」「未発表の音源を公開して感想を聞く」「メンバー限定の写真撮影会」といった内容で設定できる。

 設定金額は、100円〜1万円(販売手数料10%)。サークルの立ち上げには一定の審査が設けられているという。また、サークルメンバーの加入に審査はないが、クリエイターによる退出判断は可能とのこと。

 同社では、サークル機能をミュージシャンやマンガ家、YouTuber、写真家、スポーツ選手、料理家などに加えて、勉強会やNPOなど、さまざまなコミュニティ主催者にも利用してほしいとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]