logo

Netflix、地域ごとの会員数などのデータを明らかに

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年12月17日 13時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Netflixは米国時間12月16日、米国以外の各地域での売り上げや会員数などの数字を示すデータを初めて明らかにした。会員数では、米国/カナダ(UCAN)地域が現在もNetflixの最大の市場だが、欧州/中東/アフリカ(EMEA)地域が第2位となり、急成長している。

Netflix
提供:Netflix

 Netflixはこれまで、米国外の会員数に関する詳細を明らかにしてこなかった。しかし、「Disney Plus」や「Apple TV+」といったライバルが成長するなか、こうしたデータや視聴者数の公表についてより柔軟に対応するようになった。

 Netflixによれば、EMEA地域の有料会員数は、2019年9月末の時点で4740万人となっている。UCAN地域の6710万人より少ないが、前年同期比で見ると、EMEA地域が40%増という大きな伸びを示した。UCAN地域は6.5%増にとどまっている。

 南米(LATAM)地域は第3位の市場で、会員数は前年同期比で22%増加し、2940万人となった。アジア太平洋(APAC)地域は会員数が1450万人と最も規模が小さいが、53%という高い伸び率を記録している。

 UCAN地域は会員1人あたりの売り上げが最も高い地域でもあり、有料会員1人につき毎月平均13.08ドル(約1400円)を稼ぎ出している。EMEA地域は10.40ドル(約1100円)、LATAM地域は8.63ドル(約950円)、APAC地域は9.29ドル(約1020円)だった。

 Netflixは、2020年1月に発表予定の2019年度第4四半期の決算報告より、このような地域ごとの売り上げや会員数を公表する予定だ。これに先立って、Netflixは16日、過去3年の地域ごとの数字を示した資料を米証券取引委員会(SEC)に公開した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]