logo

「iPhone 11 Pro」による意図せぬ位置データ収集、アップルが理由を説明

Laura Hautala (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年12月06日 11時37分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone」は、位置情報サービスを停止しても持ち主の居場所を測定し続けるが、機能は制限されていると、Appleが米国時間12月3日に明らかにした。超広帯域無線(UWB)技術の利用を禁じる一部の国の規制に従うため、「iOS」は規制された場所に端末があると、それを感知して機能を停止するという。

特許の図
AppleはUBWを使って自動車がユーザーを検知し、ロックを解除する技術について特許を取得している
提供:Apple via US PTO; Stephen Shankland/CNET

 iPhoneに搭載されたソフトウェアが端末側でユーザーの位置情報を処理するため、Appleがデータを収集したり保存したりすることはないとしている。

 Appleの広報担当者は声明で次のように述べた。「iOSは位置情報サービスを利用して、規制された場所にiPhoneがあるかどうかを判断し、UWBを無効にして規制に従っている」

 このコメントは、アプリケーションやシステムサービスの設定で位置情報のリクエストがオフになっていても、「iPhone 11 Pro」が断続的に位置情報の収集を試みるとするKrebsOnSecurityの記事を受けたものだ。この技術を禁止している国として、アルゼンチン、パラグアイ、インドネシアなどがある。Appleによると、この技術は185カ国以上で許可されている。

 UWB自体は、位置検出に重点を置いた機能だ。GPSよりも正確でBluetoothよりも高速なため、端末などの物体の正確な位置を特定できる。将来的には、鍵を見つけたり、端末を持って近づいた時に自動車のロックを自動的に解除したりするのに役立つ可能性がある。

 この機能はすでにiPhone 11に搭載されているが、まだ利用可能な用途すべてが実現しているわけではない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]