logo

AIが「ハリー・ポッター」のファンフィクションなどを元に斬新なパイの名前を考案

Bonnie Burton (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年11月29日 12時37分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホリデーシーズンになると、たいてい祭日用のパイがメニューに加わる。パンプキンパイやミンスミートパイはよくあるデザートだが、「Onion Cassette Pie」(タマネギカセットのパイ)を一切れ用意することを考えても良い頃かもしれない。

提供:Janelle Shane
提供:Janelle Shane

 この特別なパイのアイデアは、人工知能(AI)が考え出したものだ。AI研究者のJanelle Shane氏は最新の実験で、ニューラルネットワークに、既存のパイのレシピ名約2000個とともに「ハリー・ポッター」のファンフィクションを投入し、どのようになるか様子を見た。

 Shane氏は感謝祭直前の米国時間11月26日、ブログで「ニューラルネットで遊ぶ方法がある」とし、「生成されるテキストをもっとよくわからないようなものにすることができる」と述べた。「さらにテキストを作成するよう求める時に、パイの例をいくつか教え、それをリストに加えるよう求めたり、もっと風変わりなテキスト、たとえば『ハリー・ポッター』のファンフィクションを少し入れたりするといい」

 その結果、Shane氏のニューラルネットワークは、「Fog-Crust Pecan Pie」(霧のパイ生地に包まれたペカンパイ)や「Stimulant Cherry Pie」(刺激性チェリーパイ)、「Snape Pie with Cheese」(チーズ入りのスネイプパイ)といった奇抜なパイ名を考え出した。

提供:Janelle Shane
提供:Janelle Shane

 Shane氏はブログで次のように述べている。「おいしそうだとは思えないが、この高度なAIは、私たちが知らないことを知っている。何と言っても、料理関係のブログをはじめ、インターネットの大部分を読み込んでいるのだから」

 Shane氏のニューラルネットワークは、奇抜なパイ料理を考え出すだけでなく、パイをテーマにした、『ハリー・ポッター』のかなりおもしろい二次創作小説を書くこともできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]