logo

AIを搭載したドライブレコーダーアプリ「スマートくん」--歩行者や標識をスマホで検知

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニューラルポケットは12月5日、AI搭載のドライブレコーダーアプリ「スマートくん」を公開したことを発表した。同社によれば、世界初のAI搭載ドライブレコーダーアプリで、車両・歩行者・標識などの検知をスマートフォンの端末内で処理できるという。まずは、iOSから公開し、2020年にAndroidにも対応する予定。個人・法人ともに無料で提供する。

キャプション

 手持ちのスマートフォンにこのアプリをダウンロートし、一般的なスマホ用スタンドにスマホを取り付けるだけで、ドライブレコーダーの機能として常時録画や車間距離の計測が可能となる。その上で、AIによる急発進・急停止などの動作感知や、周辺に映る物体(自動車、歩行者、信号機など)の検知も可能になるという。

 録画や車間距離計測、AIによる物体検知などを全てスマートフォンの端末内で処理することにより、アプリのダウンロード時などを除いて、ドライブレコーダー機能の利用は、基本的には通信料が発生しないことも特徴だという。また、AI技術で取得したデータは、2020年年始からユーザーに対する運転安全レポートや運転サポート通知(前方車両発信を音声で通知)などの機能として利用・提供する予定としている。

 スマートくんは、基本的に個人情報を登録する必要はなく、ログイン/登録作業も不要。また、AI技術を用いて取得するデータもすべて個人情報に紐づけない形で取得するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]