logo

東急、4G対応の照明一体型防犯カメラを導入--ソフトバンクの通信網でデータを送信

西中悠基 (編集部)2019年11月06日 14時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクと東急電鉄は11月6日、4Gデータ通信に対応したLED蛍光灯一体型防犯カメラ「IoTube」を、東急電鉄の全鉄道車両に導入すると発表した。

LED蛍光灯一体型防犯カメラ「IoTube」
LED蛍光灯一体型防犯カメラ「IoTube」

 IoTubeは、4Gデータ通信によってカメラの映像データを送信できるLED蛍光灯一体型の防犯カメラ。ソフトバンクの4G通信網を経由して暗号化した動画データを送信でき、事務所などから遠隔で映像をほぼリアルタイムに確認できる。また、東急電鉄では使用しないが、Wi-Fi経由でのデータ転送機能も持つ。4Gデータ通信対応LED蛍光灯一体型防犯カメラの導入は、鉄道業界では初めてだという。

IoTubeの車両搭載位置と利用イメージ
IoTubeの車両搭載位置と利用イメージ

 これまで、鉄道車両に設置した防犯カメラの映像を確認する際には、映像の記録媒体をカメラから抜き取る必要があった。東急電鉄では車両内トラブル発生時の対応迅速化を目指し、MOYAIと共同でIoTubeを開発。5月より実証実験を重ね、今回正式に導入を決定した。

IoTube導入前と導入後の確認方法の違い
IoTube導入前と導入後の確認方法の違い

 東急電鉄は、2020年3月からIoTubeを順次導入。同年7月に在籍する同社の全鉄道車両、183編成1257両を対象に、1両あたり4台を設置するとしている。導入にあわせ、防犯カメラ設置の周知ステッカーを車内に掲出するほか、映像を閲覧可能な社員を限定し、プライバシーに配慮する。

 東急電鉄とソフトバンクはIoTubeの導入により、セキュリティや顧客満足度の向上を目指す。また、将来的にIoTubeへさまざまなセンサーを搭載し、不審物の自動検出などが可能な次世代型ネットワークカメラとして活用することも目標に掲げている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]