logo

Google、ウェアラブル大手のFitbitを約2269億円で買収

山川晶之 (編集部)2019年11月02日 00時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは11月1日、ウェアラブル機器大手のフィットビットを約21億ドル(約2269億円)で買収することで合意したと発表した。フィットビットの株主や規制当局の承認が得られれば、2020年中に取引を完了する見込みだ。両社を巡っては、10月28日にグーグル親会社のアルファベットがフィットビット買収を検討しているとロイターなどが報じていた。

国内でも発表されたフィットビットのスマートウォッチ「Fitbit Versa 2」
国内でも発表されたフィットビットのスマートウォッチ「Fitbit Versa 2」

 フィットビットは、2007年に創業し、スマートウォッチ「Versa」シリーズをはじめとしたウェアラブル製品やフィットネストラッカーを中心に手掛けており、iOS/Android両方で使える独自OSのデバイスを提供している。グーグルとは、2018年4月に「Cloud Healthcare API」を利用して、ウェアラブル機器のデータを電子カルテにひも付けできる取り組みを発表していた。

 グーグルでデバイス&サービスのシニアバイスプレジデントを務めるリック・オスターロー氏は、同社ブログで「フィットビットは、ウェアラブル界で真の先駆者であり、素晴らしいプロダクト、ユーザー体験、活気あるユーザーコミュニティを作り上げてきた」とコメント。また、同社が開発するスマートウォッチ用OS「Wear OS」に引き続きコミットしていくとし、「フィットビットと緊密に連携し、それぞれのスマートウォッチとフィットネストラッカーのプラットフォームでベストな組み合わせを目指す」としている。

 また、グーグルでは、フィットビットがこれまで貫いてきた強固なプライバシーとセキュリティガイダンスを変えることはないとしており、データはこれからもユーザーのコントロール下にあるという。また、個人情報を外部に販売したり、健康データをグーグルの広告システムで使うことはないとしている。

 グーグルは、Wear OSでLGやASUS、モトローラ、ソニーなどパートナー企業と共同でスマートウォッチを展開する一方で、2019年1月にはFossil Groupが持つスマートウォッチ技術を4000万ドル(約43億円)で買収している。なお、これまで自社製のスマートウォッチは登場しておらず、今回の買収がどのように影響するか注目だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]