logo

アマゾンに行政指導--“注文履歴”の誤表示は11万件に影響

藤井涼 (編集部)2019年10月12日 12時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 通販サイトの「Amazon.co.jp」で、他人の注文履歴が誤表示されてしまう事象が、9月26日に発生した。Amazon.co.jpで注文履歴を選ぶと、そこに身に覚えのない注文履歴が並んでいるというものだ。同社によれば、システム変更時の設定の不具合によるものだという。

9月26日にはCNET Japanの編集スタッフにも、身に覚えのない注文履歴が表示された
9月26日にはCNET Japanの編集スタッフにも、身に覚えのない注文履歴が表示された

 これを受け、個人情報保護委員会は10月11日、アマゾンジャパンに行政指導したことを発表した。同委員会が明らかにした情報によれば、この事象は9月26日中に解消されたそうだが、これにより、約11万アカウントの利⽤者の個⼈情報(利⽤者により異なるものの、⽒名、配送先住所、注⽂履歴、閲覧履歴などを含む)が、他の利⽤者に表⽰された可能性があるという。

 影響を受けた11万件のアカウントの利⽤者には、アマゾンジャパンから10⽉4⽇に、同通販サイトに登録しているメールアドレス宛に、個別にメールが送付されたとのこと。また、個人情報保護委員会にもすでに報告済みで、同委員会は再発防⽌策および利⽤者からの問い合わせへの対応を確実に履⾏するよう求めたとしている。

 なお、今回の事象が、システム変更時に発⽣したことを踏まえ、ウェブサイトのプログラム修正、バージョンアップなどの変更・修正を⾏った場合は、⼗分な動作試験を⾏うとともに、脆弱性の有無についても確認することが重要であることについて、再度注意喚起するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]