logo

ポルシェ、車の動きに連動する同乗者向けVRコンテンツをデモ--乗り物酔いの防止効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volkswagen(VW)傘下の自動車メーカーPorsche(ポルシェ)は、自動車の同乗者向けVR(仮想現実)コンテンツを、ドイツのフランクフルトで開催された国際モーターショー(IAA)においてデモンストレーションした。この取り組みは、ドイツのVR技術企業Holorideと、メディア企業Discovery Channelとの提携を通じて実現させた。

後部座席などで楽しめるVRコンテンツ(出典:Porsche)
後部座席などで楽しめるVRコンテンツ(出典:Porsche)

 このVRコンテンツは、自動車の後部座席などで同乗者がVRゴーグルを装着して視聴するもの。Holorideの開発した「Ambi Environment」という技術により、VRヘッドセットのセンサーが自動車の動きを検出し、それに合わせて映像を調整する。たとえば、自動車が曲がるなどして進行方向を変えると、映像の方向も変わる。これにより、VRコンテンツに対する没入感を高めると同時に、強い乗り物酔い防止効果が得られるそうだ。

未来都市をドローンで飛び回るコンテンツなどが楽しめる(出典:Porsche)
未来都市をドローンで飛び回るコンテンツなどが楽しめる(出典:Porsche)

 今後、自動車のナビゲーション用データを参照し、目的地へ到着するまでの残り時間に合わせてVRコンテンツの長さを調整する機能も搭載する考え。

 Holorideは、市販の各種VRヘッドセットで利用可能な同乗者向けVRコンテンツを、2021年より提供していく計画。

HolorideとDiscovery Channelが協力(出典:Porsche)
HolorideとDiscovery Channelが協力(出典:Porsche)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]