logo

エイベックスとXVI、次世代アニメ制作ツール「AniCast Maker」の商用化で合弁会社

佐藤和也 (編集部)2019年09月26日 17時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エイベックス・テクノロジーズとエクシヴィ(XVI)は9月26日、次世代アニメ制作ツール「AniCast Maker」(アニキャスト メーカー)の商用化に向け、合弁会社を設立することに基本合意したと発表。商用化へのプロジェクトをより一層加速させていくという。

 AniCast Makerは、VR空間上で自由にキャラクターやカメラマンを配置し、それらのアバターの中に入って演技をすることで、アニメーションを制作することができるツール。これによって、誰でも素早く簡単にアニメを制作できるようになり、動画配信サービスやSNS上で毎日短編アニメを配信することも可能になるとうたう。

 合弁会社の設立により、AniCast Makerに関する特許管理を戦略的に行うことで商用化をすすめていくとともに、今後AniCast Makerを、コミックや小説などをアニメ化する際のひとつの手法として提供していくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]