logo

アマゾン、プライバシーへの懸念に対応した2つのコマンドを「Alexa」に追加

Richard Nieva Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2019年09月26日 12時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間9月25日、音声アシスタントの「Alexa」が収集しているデータの内容をユーザーが把握できるようにするため、2つの新しいコマンドを追加した。今後、ユーザーは「Alexa, tell me what you heard」(アレクサ、あなたが聞いた内容を教えて)と「Alexa, why did you do that?」(アレクサ、どうしてそんなことをしたの?)という2つの質問ができるようになる。

発表の様子
提供:James Martin/CNET

 1つ目のコマンドは、Alexaが聞き取った内容をユーザーが知るためのものだ。2つ目のコマンドは、Alexaが突然音楽を流すなど、ユーザーの意図していないことを始めた時に、その理由を詳しく知りたいときに利用できる。

 Amazonはさらに、Alexaが録音した音声を3カ月あるいは1年半間隔で消去できるようにすることを明らかにした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]