logo

多数の著名YouTubeユーザーがアカウントを乗っ取られる

Catalin Cimpanu (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年09月24日 10時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この数日間、YouTubeユーザーが大規模なアカウント乗っ取り攻撃に見舞われている。特に狙われているのは、自動車のチューニングやレビューの分野で活躍するクリエイターたちだ。米ZDNetが読者の1人からの情報提供を受けて行った調査で明らかになった。

YouTubeのロゴ
提供:ZDNet.com

 自動車の分野で有名な複数のYouTubeクリエイターが、すでにこの一連の攻撃の被害者となっている。その中には、「Built」(Instagramの投稿YouTubeチャンネル)「Troy Sowers」(Instagramの投稿YouTubeチャンネル)「MaxtChekVids」(YouTubeチャンネル)「PURE Function」(Instagramの投稿YouTubeサポートの投稿YouTubeチャンネル)「Musafir」(Instagramの投稿YouTubeチャンネル)といったチャンネルも含まれている。

 だが、標的とされたのはYouTubeの自動車好きの人たちだけではない。この1週間、他のYouTubeクリエイターからもアカウントを乗っ取られたという報告が相次いだ。特に顕著になったのは先週末で、被害を訴える何十件もの投稿がTwitterやYouTubeのサポートフォーラムにあふれている。

 今回のアカウント乗っ取りは組織的攻撃によるものとみられる。ユーザーをフィッシングサイトに誘導するメッセージを使い、そのユーザーのアカウント認証情報を盗み出している。

 この記事の公開前にアカウントを回復させることに成功し、YouTubeのスタッフから追加情報をもらったというあるチャンネル運営者によれば、ハッカーは次のような流れで攻撃をしているようだ。

  • フィッシングメールを利用して、標的とするユーザーを偽のGoogleログインページに誘導し、そのユーザーのアカウント認証情報を収集する。
  • Googleアカウントに侵入する。
  • 人気の高いチャンネルに新しい運営者を割り当てる。
  • そのチャンネルのバニティURL(チャンネル名などを組み込んだわかりやすいURL)を変更し、元のアカウント所有者やフォロワーに対し、そのアカウントが削除されたように見せかける。
提供:ZDNet.com
提供:ZDNet.com

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]