logo

「HUAWEI Mate 30」、9月19日に発表へ

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年09月03日 08時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月に発表されるスマートフォンは「iPhone 11」だけではない。中国スマートフォンメーカーの華為技術(ファーウェイ)は、ドイツのミュンヘンで現地時間9月19日に「HUAWEI Mate 30」シリーズを発表することを、先週末に明らかにした。同社はMate 30と「Mate 30 Pro」のカメラを強調しているとみられる短いティーザー動画をツイートした。2018年の「Mate 20」と2019年の「P30」に素晴らしいカメラが搭載されていたことを考えると、意外なアプローチではない。

 しかし、発表イベントに付けられた「Rethink Possibilities」(可能性を再考する)というキャッチフレーズは、Mate 30ではGoogleの「Android」OSの機能が利用できないかもしれないことを思い出させる。 米国のファーウェイに対する禁輸措置の一時的な猶予は、ファーウェイの新製品には適用されないと、Googleの広報担当者は先週述べたと報じられている。

 Googleはその後、AndroidはオープンソースOSであるため、ファーウェイはAndroidを使用できると明言した。とはいえ、ライセンスを必要とするGoogleのアプリ群はプリインストールされない可能性がある。

 米商務省は5月、ファーウェイに対する輸出を規制した。これは、Donald Trump大統領が米国の通信ネットワークから同社製品を事実上排除する大統領令に署名したことを受けた措置だった。ファーウェイは中国政府とつながりがあるとする国家安全保障上の懸念から、ファーウェイとの取引を希望する米国企業は、ライセンスを取得することが求められるようになった。

 米商務省は8月19日、米国企業によるファーウェイとの取引を許可するTemporary General License(TGL)をさらに90日間延長した。同じく8月に、ファーウェイは独自のモバイルOSである「HarmonyOS」を発表しており、Androidを利用できない場合は、このOSが同社のスマートフォンに搭載される可能性がある。

 ファーウェイにコメントを求めたが直ちに回答は得られなかった。

HUAWEI Mate 20
HUAWEI Mate 20の後継機が近いうちに発表される
提供:Andrew Hoyle/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]