logo

みずほ、Apple Payでデビット決済できる「Smart Debit」提供開始--20%還元も

山川晶之 (編集部)2019年08月30日 19時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 みずほ銀行は8月29日、iOS向けアプリ「みずほ Wallet」にて、バーチャルデビット「Smart Debit」の提供を開始したと発表した。

キャプション

 Smart Debitは、みずほ Walletから発行でき、みずほ銀行の口座から即時に引き落としできる決済サービス。JCBのタッチ決済サービス「QUICPay+」とJCBコンタクトレス対応店舗で利用可能という。対象は、みずほ銀行の普通預金口座を持っており、日本に居住している15歳以上(中学生を除く)のユーザーとなる。

 みずほWalletは、2018年8月にサービスを開始した交通系IC機能を持つ「Mizuho Suica」とあわせ、国内外200万台以上のスーパー、コンビニ、交通機関などで利用でいるスマートフォン決済アプリ。今回のSmart Debit対応により、みずほJCBデビットもApple Payに対応。店舗だけでなく、ネットショッピングの支払いにも利用できる。

 また、同サービスのリリースにあわせ、キャンペーン「ご利用に感謝して。20%キャッシュバック」を開始。専用ページからエントリーすると、QUICPay+利用額の20%をキャッシュバック(還元額は最大1万円)する。キャンペーン期間は2019年12月15日まで。

 さらに、Smart Debitを新規発行したユーザーがMizuho Suicaを新規登録することで、チャージ金額の20%をキャッシュバック(還元額は最大1000円)するキャンペーンも実施する。キャンペーン期間は10月31日までとなっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]