logo

親指ほどの小型アクションカメラ「Insta360 Go」発表--タップ操作でライフログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Insta360は、サイズが手の親指ほどしかない小型アクションカメラ「Insta360 Go」を発表した。公式ストアでの税込み直販価格は2万3800円。

親指サイズのウェアラブルなアクションカメラ(出典:Insta360)
親指サイズのウェアラブルなアクションカメラ(出典:Insta360)

 Insta360 Goは、サイズが49.4×21.4×14.85mm、重さが18.3gと極めて小さく軽い。衣服などに取り付けても邪魔にならず、広い範囲を一気に撮影できるので、ライフログ目的のウェアラブルなアクションカメラとして使える。IPX4相当の防水性を備え、最大100fpsでの撮影も可能なので、ウォータースポーツの記録にも適している。

前方の広い範囲を一気に撮影(出典:Insta360)
前方の広い範囲を一気に撮影(出典:Insta360)

 ピボットスタンドでサーフボードや自動車に取り付けたり、クリップで帽子に装着したりできる。さらに、マグネット内蔵ストラップを首にかけ、衣服の上からInsta360 Goを吸着させると、胸の位置に固定できて前方を撮影しやすい。6軸ジャイロスコープを内蔵し、手ぶれ補正機能「FlowState」で安定した撮影を可能にしたという。

マグネット内蔵ストラップで胸に装着(出典:Insta360)
マグネット内蔵ストラップで胸に装着(出典:Insta360)
クリップでウェアラブル(出典:Insta360)
クリップでウェアラブル(出典:Insta360)
防水なのでウォータースポーツにも(出典:Insta360)
防水なのでウォータースポーツにも(出典:Insta360)

 本体表面のタップで最大30秒間ビデオ録画するため、撮影タイミングを逃しにくいだろう。インターバル撮影やタイムラプス撮影にも対応している。ビデオと写真は8ギガバイトの内蔵ストレージに保存され、充電ケース経由でスマートフォンへUSB転送できる。フル充電したInsta360 Goで、約200回のビデオ撮影が可能。充電ケースは、Insta360 Goを2.5回充電できるという。

ビデオなどは充電ケース経由で転送(出典:Insta360)
ビデオなどは充電ケース経由で転送(出典:Insta360)

 スマートフォンのアプリは自動編集機能を搭載しており、動画の配置やBGM付加などを自動実行して、1本の動画を生成する。食べ物や風景、笑顔といったテーマを選んで、自動生成させられる。手動編集用の各種ツールも用意されている。

公式ストアでは税込み1060円でレーザー刻印カスタマイズが可能(出典:Insta360)
公式ストアでは税込み1060円でレーザー刻印カスタマイズが可能(出典:Insta360)

Insta360 Goの紹介ビデオ(出典:Insta360/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]