logo

バンナム、B.LEAGUE「島根スサノオマジック」の経営権取得--プロスポーツ事業に参入

佐藤和也 (編集部)2019年08月27日 17時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコエンターテインメントは8月27日、プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」に所属する「島根スサノオマジック」の運営会社である、山陰スポーツネットワークの株式を56.5%取得したことを発表。経営権を獲得し、プロスポーツ事業に参入する。

 島根スサノオマジックは、島根県を本拠地とするプロバスケットボールクラブで、2010年に創設。昨シーズンはB1昇格プレーオフで勝利し、創設10周年となる新シーズンはB1の舞台で戦うこととなっている。

 バンダイナムコエンターテインメント側のコメントによれば、同社の事業領域をエンターテインメントと広く定義し、既存のゲーム事業に限定せず、ライブやイベントの企画・実施といったライフエンターテインメントなども展開。島根スサノオマジックの運営に参画することで、新たなスポーツというエンターテインメントへの挑戦を始めるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]