logo

相次ぐ銃乱射事件を受けて掲示板「8chan」がアクセス不能に

Ian Sherr Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2019年08月06日 10時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 匿名掲示板サイト「8chan」が、アクセス不能の状態となっている。8chanには過激思想を抱く人々が集まるようになっており、2019年に入ってから少なくとも3人の容疑者が、銃乱射の凶行に及ぶ前に犯行予告を投稿したとみられる。

 同サイトがオフラインとなったのは、セキュリティプラットフォームのCloudflareをはじめ、複数の企業がサポートの停止を決めたことによる。きっかけとなったのは、米国時間8月3日にテキサス州エルパソのWalmart店舗で男が銃を乱射し、22人が死亡、20余人が負傷した事件だ。乱射事件の直前、容疑者とみられる人物の憎悪に満ちた「マニフェスト」が8chanに投稿されていた。

テキサス州エルパソで犠牲者を悼む人々
テキサス州エルパソで起きた乱射事件では22人が死亡した
提供:Getty Images

 マニフェストは移民を激しく非難する内容で、「この襲撃はヒスパニックがテキサス州を侵略していることへの答えだ」と記されていた。8chanのユーザーは襲撃に声援を送り、犠牲者の数に言及した。そして翌4日には、オハイオ州デイトンで別の銃乱射事件が発生し、9人が死亡、27人が負傷した。2つの事件に直接の関連はないとみられる。

 8chanが襲撃を後押しする中心的な役割を担ったことを重く見て、これまで同サイトの運営に協力してきた企業が行動に出た。セキュリティプラットフォームのCloudflareはこれまで8chanにセキュリティを提供してきたが、5日にサポート停止を発表した。

 さらにその直後、Cloudflareのサポート停止を受けて8chanを支援していたとみられるサイトBitMitigateも、現在ウェブでアクセスできない状態になっている。このBitMitigateはVoxilityという別の企業のサービスを再販していたとみられ、Voxilityは8chanが自社ネットワーク上で運営されていることが判明した直後、サービスの提供を停止したとの声明を出している

 なお、同じくBitMitigateが支援する有名なヘイトサイト「Daily Stormer」も、5日現在は一部アクセス不能に陥っているようだが、ダークウェブでは依然としてアクセス可能だ。

 BitMitigate、8chanおよびDaily Stormerはいずれも、コメントの依頼にすぐには応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]