logo

元レノボ社長の留目真伸氏、VAIOのCINOに--新規事業強化を目的に

坂本純子 (編集部)2019年08月01日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VAIOは8月1日、新規事業強化を目的に、8月1日付にて留目真伸氏をChief Innovation Officer(CINO)として迎える契約を締結したと発表した。

 留目氏は、レノボ・ジャパン、NECパーソナルコンピュータの元代表取締役社長で、現在は社会起点でのエコシステムデザインをもとに新産業を共創することを目指す「新産業共創スタジオ」をコンセプトとして発足したSUNDREDのCEOでもある。

 VAIOは、新規事業開拓・創出において広く経験と知見を有した留目氏を迎えることで、新たに取り組むべきシーズの発掘やさまざまなパートナーとの事業共創を推進し、新領域における成長を加速させていくとしている。

留目真伸氏
留目真伸氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]