logo

A.L.I.、クラウド3Dレンダリングサービスを9月にローンチへ

西中悠基 (編集部)2019年07月31日 18時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 A.L.I.テクノロジーズは7月31日、クラウドレンダリングサービス 「Bullet Render Farm」を9月1日にローンチすると発表した。

3Dクラウドレンダリングサービス「Bullet Render Farm」
3Dクラウドレンダリングサービス「Bullet Render Farm」

 Bullet Render Farmは、A.L.I.が独自開発した自律分散型のアルゴリズムを用い、同社がAMDと共同開発したレンダリングパワープールにて、3Dレンダリング処理をクラウド上で実行するサービス。レンダーファームとして世界最大規模だというGPUにて、レンダリング処理を高速で実行する。

自律分散型アルゴリズムによりレンダリング処理を高速化
自律分散型アルゴリズムによりレンダリング処理を高速化

 レンダリングソフトウェアには、ライセンス料が不要なAMDの「Radeon ProRender」を採用。クラウドサービスとすることでGPUへの初期投資が不要となることとあわせ、コスト削減に貢献する。A.L.I.では、アニメーション業界や建築業界などからの需要を見込んでいる。

 Bullet Render Farmは現在、ベータ版としてサービスを提供している。A.L.I.は、ベータ版ユーザーからのフィードバックを反映し、サービスへの機能追加や改善を進めるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]