logo

OPPO、画面がスマホの側面まで回り込む「Waterfall Screen」を公開

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年07月30日 11時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年に発売されたサムスンの「Galaxy Note Edge」以降、ハイエンドの「Android」スマートフォンでは本体の側面に回り込むディスプレイの人気が高まっている。その後、さまざまなメーカーが折り曲げ可能なディスプレイというアイデアを折りたたみ可能なスマートフォンへと拡大しようとしているが、中国のスマートフォンメーカーOPPOは、従来型のスマートフォンで側面の表示領域をさらに広げようとしている。

提供:Oppo
提供:Oppo

 OPPOは現地時間7月29日、FacebookページやTwitterで新しい試作品を公開し、ディスプレイをスマートフォンの側面深くにまで回り込ませた「Waterfall Screen」技術を披露した(waterfallは「滝」の意)。本体の上下左右にまだわずかなベゼルがあるものの、ディスプレイはこれまでのモデルと比べて、技術がさらに向上したようだ。

 ただし、試作品であることから予想できるように、OPPOは価格や発売日を公表しておらず、このディスプレイを製品化するかどうかすら明らかにしていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]