logo

イタンジと大崎電気工業が提携--スマートロックとセルフ内見型新賃貸サイトで鍵関連業務効率化へ

加納恵 (編集部)2019年07月29日 12時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イタンジは7月29日、大崎電気工業と不動産賃貸サービスにおける業務提携を結んだと発表した。不動産管理会社の業務効率、入居希望者の内見における負担軽減、居住時の利便性向上などを目指す。

左から、イタンジ 代表取締役の野口真平氏、大崎電気工業 取締役新事業推進室長の小野信之氏
左から、イタンジ 代表取締役の野口真平氏、大崎電気工業 取締役新事業推進室長の小野信之氏

 大崎電気工業は、1916年に創業。電力量計、計器用変成器、配電自動化機器、配・分電盤などの製造販売および工事を手がけており、IoTデバイスと専用アプリを組み合わせた「ホームウォッチ」や、既存の鍵に後付けで簡単に設置できるスマートロック「OPELO(オペロ)」も展開している。

 今回の提携では、イタンジが開発中の「セルフ内見型 新賃貸サイト」と、大崎電気が提供するスマートロックOPELOを連携させ、不動産管理会社の鍵関連業務を効率化することが狙い。OPELOの「空室・入居モード切替」機能によって、内見用に設置されたスマートロックを入居後も継続して使用でき、物件の価値向上にもつなげる。

セルフ内見型 新賃貸サービスの利用イメージ
セルフ内見型 新賃貸サービスの利用イメージ

 イタンジでは、セルフ内見型 新賃貸サービスの開始を予定しており、サービスの提供開始にあたり、動産管理会社やスマートロック提供会社などのパートナーとともに、スマートロック付き物件の全国規模での普及拡大に取り組んでいる。

スマートロック「OPELO(オペロ)」イメージ
スマートロック「OPELO(オペロ)」イメージ
不動産管理会社における「OPELO(オペロ)」導入イメージ
不動産管理会社における「OPELO(オペロ)」導入イメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]