logo

「Nintendo Switch」のコントローラー問題、任天堂は認識--無償修理か

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年07月25日 11時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂は「ドリフト」問題のある「Nintendo Switch」の付属コントローラー「Joy-Con」を無料で修理する予定だと報じられている。同社は米国時間7月19日、このコントローラーの問題をめぐって、訴訟を提起されている。

Nintendo Switchの付属コントローラー「Joy-Con」
「Nintendo Switch」の付属コントローラー「Joy-Con」
提供:Nintendo

 関係者からリークされ、Viceが23日に入手したメモによると、任天堂はJoy-Conの修理代金を請求せず、代金を支払ってコントローラーを修理した人には返金する予定だという。さらに、報道によると、「ドリフト」問題についてカスタマーサービスに連絡してきた人に対して、購入証明や保証書の提示も求めないという。

 Joy-Conの「ドリフト」問題とは、Joy-Conが特定方向への入力を認識し続けることが原因で、同コントローラーが再センタリングされないことだ。Switchに関する任天堂のサポートフォーラムには、2018年からこの問題に関するコメントが投稿されている。

 任天堂は23日、この問題を認識していると述べ、影響を受けているユーザーに、http://support.nintendo.comにアクセスするよう促した。

 先週、法律事務所のChimicles Schwartz Kriner & Donaldson-Smith(CSK&D)が同社に対して訴訟を起こした。CSK&Dは、この訴訟が集団訴訟として認められることを求めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]