logo

VAIO、自社コミュニケーションロボット「おはなしコウペンちゃん」(仮称)を製品化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VAIOは7月9日、1月に発表した「ロボット汎用プラットフォーム」を活用した初の自社コミュニケーションロボットとして、「おはなしコウペンちゃん」(仮称)の製品化を決定したと発表した。2019年内の発売を目指す。

キャプション

 ロボット汎用プラットフォームは、コミュニケーションロボット開発を効率的に実現するためのオールインワンプラットフォーム。ロボット開発には、ハードウェア・ソフトウェア設計、クラウドサービス活用、発売後の運用など、その開発や準備にとても困難が伴い、1企業がロボットを作ろうとしても、費用や時間が必要以上にかかってしまうという課題がある。

VAIOのテクニカルパートナー
VAIOのテクニカルパートナー

 同プラットフォームは、こうした課題と向き合うもので、ロボット開発、ロボットサービスの提供を検討する企業に対して、短期間で効率良く、一括してソリューションを提供することが可能。なお、ハードウェアについては「Middle」「Simple」「Mini」(博報堂の協力の下、7月から追加)の3種類を用意している。

ロボット制御に最適なVAIO専用ロボットOSフレームワークを開発
ロボット制御に最適なVAIO専用ロボットOSフレームワークを開発
キャプション

 今回製品化が決定した「おはなしコウペンちゃん」は、同プラットフォームの「Simple」を活用した初めての事例になる。なお、「コウペンちゃん」は、イラストレーターの「るるてあ」氏が描く、コウテイペンギンの赤ちゃん。日常の小さな出来事ひとつひとつに「えらい!」と励ましてくれるキャラクターだ。

ハードウェアラインアップ
ハードウェアラインアップ

 2019年1月にロボデックスに「コウペンちゃん」を活用したコミュニケーションロボットを参考出品したところ、製品化を希望する多くの声があったことから、この度「おはなしコウペンちゃん」の発売を決定した。

 同社では、同プラットフォームの提供を通じ、EMS事業のさらなる拡大、ひいてはロボット産業の活性化に寄与することを目指す。

「ロボット汎用プラットフォーム」ハードウェアのカバー範囲
「ロボット汎用プラットフォーム」ハードウェアのカバー範囲
キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]