logo

11Kで撮影できるVRカメラ「Insta360 Titan」発売--価格は税込188万円

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Insta360は、11K解像度で仮想現実(VR)コンテンツの撮影が可能なカメラ「Insta360 Titan」を発売した。税込み直販価格は188万円。

11K解像度でVR撮影が可能なInsta360 Titan(出典:Insta360)
11K解像度でVR撮影が可能なInsta360 Titan(出典:Insta360)

 Insta360 Titanは、直径228mmのほぼ球形をしたVRカメラ。円周上に配置された8つのカメラで周囲を撮影する。各カメラのセンサーはマイクロフォーサーズ(MFT)で、1万560×5280ピクセル解像度の動画や静止画の撮影が可能。レンズはF3.2、画角200°。

円周上に配置されたカメラで周囲を撮影(出典:Insta360)
円周上に配置されたカメラで周囲を撮影(出典:Insta360)

 9軸ジャイロスコープを内蔵し、手ぶれ補正機能「FlowState」によりスタビライザーなしでも安定した撮影が可能という。撮影する映像は、「Farsight」機能で離れた場所からリアルタイムに確認できる。また、「Adobe Premiere Pro」の「No-Stitch」編集に対応する。

 11K解像度の30FPS撮影のほか、10K解像度の3D映像を30FPSで撮影することも可能。色深度を10ビットにした動画撮影は、7680×7680ピクセルとなる。録画しながらのライブ映像配信モードも備える。

 さらに、Insta360 Titanで撮影した11K映像をそのままの画質で視聴できるようにするため、スマートフォン向け再生アプリ「CrystalView」を用意している。

Insta360 Titanの紹介ビデオ(出典:Insta360/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]