logo

キングジム、世界72言語に対応した2台1組の対話型翻訳機「ワールドスピーク」HYK100

坂本純子 (編集部)2019年07月03日 13時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キングジムは7月3日、世界72言語に対応する2台1組の対話型翻訳機「ワールドスピーク」HYK100を7月19日より発売すると発表した。価格は2台1組で14万8000円(税別)。

対話型翻訳機「ワールドスピーク」HYK100
対話型翻訳機「ワールドスピーク」HYK100

 向かい合って対話しながら使用できる2台1組の設置タイプの翻訳機で、ホテルや観光施設などの窓口業務で使用することを想定した製品だ。

 会話ボタンを押しながら本体に向かって話すと、ペアリングしたもう1台の端末に翻訳結果が瞬時にテキストで表示され、音声が読み上げられる。

 一般的なポータブルタイプの翻訳機では、使用方法をあらかじめ説明しないとならないが、ワールドスピークでは画面の大きさを生かし、翻訳機の説明をトップ画面に4カ国語(日本語、英語、中国語、韓国語)で表示するため、スタッフの説明がなくても操作できるのが特徴。

 対応言語は72言語。各言語に合わせて複数の翻訳エンジンから自動で選択することで、高い翻訳性能を実現したとしている。月額費用や年単位での更新費用は必要とせず、本体の購入費用以外のランニングコストはかからないのが特徴だ。通信方法は無線LANまたは有線LANから選択でき、使用する場に応じた通信環境で使用可能。

 

世界72言語に対応する
世界72言語に対応する

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]