logo

サムスン、音声アシスタント「Bixby」向けサービスのストアを米国と韓国で開設

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年07月02日 08時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは米国時間7月1日、同社の音声認識アシスタント「Bixby」と連携するサードパーティーサービスのための新しいエコシステム「Bixby Marketplace」を開設した。この新しいマーケットプレイスでは、「Googleマップ」「Spotify」「iHeartRadio」「NPR」「Yelp」など、人気の高いさまざまなブランドによる、「カプセル」と呼ばれるサービスが提供される。これによってBixbyは、Appleの「Siri」や「Googleアシスタント」など、Bixbyよりもはるかに高い人気を誇る音声アシスタントと競争するための足場を得ることになるかもしれない。

キャプション

 新しいマーケットプレイスは現在、米国と韓国のユーザー向けに提供されている。これによってユーザーの「モバイル体験はよりパーソナルで直感的なものになるだろう」とサムスンは請け合った。ユーザーは、Bixbyキーを押してBixbyのメインページから左方向にスワイプすることにより、マーケットプレイスにアクセスできる。カプセルはカテゴリ別に整理されており、カプセル名、開発元、またはキーワードで検索可能だ。また、スタッフ厳選のおすすめカプセルも表示する。他のマーケットプレイスと同様に、ユーザーはカプセルを評価したりレビューしたりすることができる。

 カプセルを「お気に入りカプセル」として追加することもできる。したがって例えば、特定の配車サービスカプセルをお気に入りとして選択した場合、「空港までの配車を予約して」とBixbyに伝えるだけで、お気に入りの配車サービスを呼び出すことができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]