logo

LINE、検索事業に再参入--LINE内コンテンツやインフルエンサー、ロケーションに注力

山川晶之 (編集部)2019年06月27日 18時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは6月27日、大規模カンファレンス「LINE CONFERENCE 2019」にて、検索サービス「LINEサーチ」を発表した。同社は以前、インターネット検索サービス「NAVER」を提供していたが、2013年に撤退している。LINEサーチは、LINEにとって検索サービス再参入となる。

キャプション
LINEがLINEサーチ

 LINEサーチでは、LINEのチャット、オープンチャット、公式アカウントといったコミュニケーションサーチのほか、LINE MUSICやLINE LIVE、LINEニュースといったコンテンツサーチを統合。さらに、“人とロケーション”にフォーカスした検索機能も搭載する。

 人軸では、インフルエンサーの検索に対応。LINE取締役CSMOの舛田淳氏は、「現在のSNSでは、個人が持つ情報発信力が非常に重要。単なるウェブ検索ではなく、TwitterやInstagramで詳しい人や気に入った人を探す。人を探す方向にシフトしている」とインフルエンサーの検索機能を提供した理由を説明。

キャプション
インフルエンサーの検索機能を提供

 検索できるのは、TwitterやInstagram、YouTubeなど、オンラインのさまざまなインフルエンサーが対象。さらに、インフルエンサーではカバーできない専門領域でも、専門家に直接相談できるOne to Oneサービスとして「LINE Ask Me」を発表。

 これまで、恋愛や美容に関する相談窓口として「LINE トークCARE」提供していたが、さらに今回、弁護士ドットコムと提携し、法律相談が可能となった。さらに、LINEヘルスケアが提供する健康相談サービスもLINE Ask Meに統合する。チャットのほか、音声通話、ビデオ通話での相談も可能だ。

キャプション
LINE Ask Meは、LINE トークCAREやLINEヘルスケアのサービスを統合
キャプション
弁護士ドットコムと提携し、法務相談サービスにも参入する

 ロケーション軸では、レシートや料理の写真を投稿できるグルメ情報サービス「LINE CONOMI」と店舗や施設などの口コミが集まる「LINE STEP」を提供。さらに、QRコードを使った検索サービス「QR Search」を発表した。

キャプション
レシートや料理の写真を投稿できるグルメ情報サービス「LINE CONOMI」
キャプション
店舗や施設などの場所を投稿できる「LINE STEP」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]