logo

ファミマのスマホ決済「ファミペイ」、7月1日より提供開始--チャージで最大15%還元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファミリーマートは6月27日、クーポンもポイントも決済もワンストップで利用できるスマートフォン決済アプリ「ファミペイ」を7月1日から開始すると発表した。同時に、ファミペイ上で利用できるバーコード決済「FamiPay」も開始する。

キャプション

 ファミペイは、会計時のポイントカードの提示、クーポンの提示、代金の支払いをアプリ上で完結できる決済サービス。還元率は0.5%(200円に付き1ポイントを還元)で、決済後はアプリにて電子レシートを発行。全国で約1000台導入しているセルフレジもFamiPayを含むバーコード決済に対応することで、2020年度内にアプリ1000万ダウンロード、2022年度内にキャッシュレス比率50%(他社決済含む)を目指す。

 FamiPayは、店内商品・代行収納などの各種サービスの支払いに利用可能(収納代行などでは1件につき10円相当のボーナスを還元)。店頭での現金チャージのほか、クレジットカードの「ファミマTカード」(オートチャージ機能あり)、FamiPayボーナスによるチャージに対応する。dポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントとのアプリ連携も11月に予定する。

 キャンペーンとして、ウェルカムクーポンを配布。ファミペイの会員登録で、ファミチキなどの商品の引換券をプレゼントする。また、7月31日までの期間中にFamiPayにチャージしたユーザーを対象に、現金チャージで10%(最大2000円)、ファミマTカードで15%(最大3000円)相当のFamiPayボーナスを還元する。さらに、同期間中にファミリーマートの承りギフトをFamiPayで決済したユーザーには、20%相当のFamiPayボーナスを還元する。

キャプション
ファミペイ公式キャラクター「ファミッペ」

 ファミペイ会員バーコードを提示のうえ、対象商品を購入するごとにスタンプが自動で貯まり、すべて貯まるとインセンティブとしてクーポンやゲーム挑戦権が配信される。さらに、SNSなどでプレゼントでき、FamiPayで購入できる回数券「FamiPay回数券」も8月より開始する予定。

 また、ジェネレーションパスが運営するインターネット通販サイト「Kaema(カエマ)」とも連携を開始。Kaemaは、日用品などを取りそろえるECサービス。第1弾として約55万アイテムを用意しており、FamiPay決済を利用すると、平均4%割引、最大で半額で商品を購入することが可能になるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]