logo

FIDO Alliance、IoTデバイス向けの標準など新たに取り組み

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2019年06月27日 13時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 平均的な米国人はコネクテッドデバイスをおよそ8台所有しており、2022年にはこの数が約13台に増加すると予想されている。だが、このようなデバイスはセキュリティの基準も満たしていない場合もある。この問題は何年も前から政治家やセキュリティ専門家を悩ませてきた。

IoT
提供:James Martin/CNET

 2020年にはこうしたデバイスの数が204億台に達すると予想されるなか、オンライン認証の標準化団体FIDO Allianceは、IoTデバイスの人気が一層本格化する前にこうした問題を解決しようとしている。FIDO Allianceは、IoTデバイス向けにセキュリティ標準などを策定するために取り組みを拡大することを明らかにした。米国時間6月26日、アイデンティティ確認とIoTにおける新たな標準などに関する取り組みを発表した。

 FIDO AllianceのエグゼクティブディレクターであるAndrew Shikiar氏は、「IoTの分野は特に断片化が進んでおり、こうした状況を標準化することへのニーズがある」と述べている。

 IoTデバイスは、デフォルトのパスワードがハードコーディングされていたり、重要なアップデートがインストールできなかったりするなど、セキュリティが脆弱な場合がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]