logo

フォード傘下のArgo AI、走行データ・高精細地図「Argoverse」を研究者へ無償提供

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ford Motor傘下で自動運転技術を手がけるArgo AIは、実際に道路を走行して集めた交通状況データと、高精細な道路情報地図を組み合わせたデータセット「Argoverse」を、自動運転の研究者向けに無償提供すると発表した。

自動運転の研究者向けにデータを提供(出典:Argo AI)
自動運転の研究者向けにデータを提供(出典:Argo AI)

 自動運転やコンピュータービジョンの研究において、公道で自動車を走らせてデータ収集や実験をすることはコストの問題などで難しい。自動運転に利用できるほど高精度な地図データの入手も困難だ。そこでArgo AIは、フロリダ州マイアミとペンシルベニア州ピッツバーグで集めたデータを、研究支援目的で提供する。

実際の走行データを収集(出典:Argo AI)
実際の走行データを収集(出典:Argo AI)

 提供するデータは、試験車両の各種センサーで集めた113シーン分の3Dデータ、合計1000時間分以上におよぶ30万種類以上の走行パターンシナリオ、総延長290kmあるマイアミとピッツバーグの高精細地図という3種類。さらに、地図は走行車線と交差点の接続情報を記述したもの、走行可能な領域を示したもの、高さ情報を示したものの3種類ある。

地図は3種類(出典:Argo AI)
地図は3種類(出典:Argo AI)

 なお、ArgoverseにはCreative Commons(クリエイティブ・コモンズ)のCC-BY-NC-SA(表示-非営利-継承)ライセンスを適用する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]