logo

「究極」やめて--Kickstarter、誠実で明白な表現を求める

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年06月14日 10時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドファンディングサイトのKickstarterはユーザーに対して、潜在的な支援者にプロジェクトを売り込む時に、あいまいで大げさな宣伝文句を使用しないよう求めた。たとえば、「世界最高」「世界最小」「世界最速」「世界初」「究極」「無類」「革新的」といった「誇張表現」がそれに当たる。

Kickstarterのロゴ
提供:Kickstarter

 そして今回、証明できない主張は控えるようクリエイターらに注意を促した。その代わりに「控えめな約束で期待以上の結果を出す」よう求めている。

 Kickstarterはウェブサイトで、信頼と透明性がプラットフォームの基盤だとの考えを示している。

 「そのため、クリエイターには、アイデアの提示の仕方やキャンペーンの展開の仕方が、通常以上に正直でオープン、かつ誠実であることを求める」(Kickstarter)

 Kickstarterはまた、プロジェクトの資金調達目標と人気度について透明性を維持し、完成品ではなくアイデアとしてプロジェクトを提示し、リスクや課題を説明して、プロジェクトに携わるチームを紹介するよう求めている。

 Kickstarterはさらに、「誠実で分かりやすい」画像の使用や試作品の公開など、製品のイメージについてルールを定めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]