logo

VisaとLINE Payが提携、専用バーチャルカード発行--今後はLINE Payのクレカ対応も

山川晶之 (編集部) 飯塚 直2019年06月06日 14時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINE PayとVisaは6月6日、グローバル規模での戦略的包括パートナーシップ提携を締結し、両社における世界規模の加盟店やユーザーベースを生かした新たなFinTechサービスの開発・提供で合意したと発表した。

キャプション

 これにより、LINEユーザーはLINE Pay内からVisaブランドの「デジタル決済対応カード(バーチャルカード)」の申込み・利用が可能になり、オンラインでの支払いなどに利用可能となる。また、これまで銀行口座や店頭でのチャージがメインだったLINE Payと、クレジットカードやデビットカードを含む、既存のVisaカードを連携しての決済にも今後対応するとしている。

 ポイント還元などのロイヤリティプログラムや利用特典における協業のほか、海外旅行などVisaのネットワーク(全世界5400万のVisa加盟店)でLINE Pay決済ができるような新機能も提供予定。店舗側がLINE Payの直接加盟店になっていなくてもVisa加盟店であれば利用でき、決済通知や履歴もLINE Pay内で確認できるという。また、加盟店向けLINE Payサービスや、LINE Pay自体との連携についても協業するという。

 そのほか、ブロックチェーンを基盤としたBtoBや国際間決済に加え、代替通貨取引を可能にする新しいサービスの開発。また、東京2020オリンピック競技大会に先駆け、独自のマーケティングキャンペーンやプロモーションにおけるパートナー契約を結び、大会および、その後に向けて日本のキャッシュレス化を推進するとしている。

 なお、LINE Pay広報部によると、細かいアクションプランについてはこれから両社で協議していく状況であり、デジタル決済対応カードの発行やLINE Payのクレジットカード対応についてもまだ明確な時期は決まっていないとしている。両社は2019年1月にも、Visaブランドのクレジットカード導入で提携しているが、カード自体の提供は2019年中としており、今回の提携含め実際のサービス開始はもう少し先の話となりそうだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]