logo

NVIDIA、エッジAI向けの「EGX」プラットフォームを発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年05月28日 10時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAは米国時間5月27日、エッジにおける人工知能(AI)の活用を推進するプラットフォームである「NVIDIA EGX」を発表した。このプラットフォームは同社のAI技術を、Mellanox Technologiesのセキュリティおよび、ストレージ、ネットワーキングの技術と組み合わせたものだ。同プラットフォームのソフトウェアスタックである「NVIDIA Edge Stack」は視覚や音声、アナリティクスのようなリアルタイムのAIサービスに最適化されているだけでなく、コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」向けの「Red Hat OpenShift」に最適化されている。

 NVIDIAによると、EGXは「NVIDIA Jetson Nano」開発者キットから、1万TOPS(1秒あたり1京回の演算処理)以上を実現できる「NVIDIA T4」サーバーのフルラック構成に至るまで、AIのワークロードが求めるコンピュート能力に応じたスケーラビリティーを追求した製品だという。

 EGXサーバーは、AtosやCisco Systems、Dell EMC、富士通、Hewlett Packard Enterprise(HPE)、Inspur、Lenovoといった世界規模のエンタープライズコンピューティングプロバイダーから入手可能だ。また、AcerやCloudian、Super Micro Computer、Wiwynnといった主要なサーバーメーカーやIoTシステムメーカーからもEGXシステムを入手できる。なおNVIDIA Edge Stackは、MicrosoftやAmazon Web Services(AWS)のIoTソリューションとの接続が可能だ。

提供:ZDNet.com

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]