logo

ゲーム実況アプリ「Mirrativ」にアバター姿でカラオケ配信ができる機能

佐藤和也 (編集部)2019年05月23日 18時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラティブは、同社が運営するスマホゲーム実況アプリ「Mirrativ」について、スマホ1台でバーチャルYouTuber(VTuber)のように配信ができる機能「エモモ」により、カラオケができる機能「エモカラ」の提供を、5月22日から開始している。顔出しをすることなくエモモ(アバター)の姿で歌をうたい、それを配信することができる。

 エモカラで利用する楽曲は、エクシングの「JOYSOUND」から提供を受けたもの。配信者は、エモモの機能でアバター化した姿で歌うことで、カラオケを配信。視聴者は、オリジナルの紙吹雪を贈ったりコメントやギフトで、カラオケを盛り上げることができる。

楽曲選択画面
楽曲選択画面
歌唱画面(画像内で引用している歌詞は「君はロックを聴かない」(作詞:あいみょん)、「明日も」(作詞:宮崎朝子))
歌唱画面(画像内で引用している歌詞は「君はロックを聴かない」(作詞:あいみょん)、「明日も」(作詞:宮崎朝子))

 同社では、カラオケが国内ライブ配信サービスで最も楽しまれているジャンルの1つとなっていることを背景に、エモカラは、操作の簡単さと配信ハードルの低さが特長とうたう。そして「歌や音楽を通じた人の可能性の解放に挑戦する。『歌が好き』『歌手になりたい・なりたかった』『みんなの前で歌うのは、ちょっとだけ恥ずかしいけど誰かに聞いてほしい』『歌うと元気になれる』など、人々の日々の感情や才能を解き放つ場になれば」としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]