logo

MacBook Proに初の8コアCPUモデルが登場--13、15インチ共にCPUを刷新

山川晶之 (編集部)2019年05月22日 03時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは5月21日、MacBook ProのCPUをアップデートしたと発表した。従来よりも高速な第8、9世代Intel Coreプロセッサを搭載し、MacBook Proでは初となる8コアCPUもラインナップする。

キャプション

 8コアは、MacBook Pro 15インチで選択可能。クアッドコアを搭載した従来モデルの最速仕様と比較して最大2倍、6コアモデルに対しては40%高速化するとしており、Macのノートブックとしては過去最速になるという。新モデルでは、第9世代Intel Core i7(6コア2.6GHz、Turbo Boost使用時最大4.5GHz) と、Intel Core i9(8コア2.3GHz、Turbo Boost使用時最大4.8GHz)に加え、オプションでIntel Core i9(8コア2.4GHz、Turbo Boost使用時最大5.0GHz)が選択できる。

 同社では、各ソフトウェアでの指標として、Logic Pro X内部で実行できるAlchemyプラグインの数が最大2倍、Maya Arnold内部の処理速度が最大2倍、Photoshopで適用する複雑な編集やフィルタを最大75%、Xcodeを使用したコードのコンパイル作業を最大65%高速に実行できるとしているほか、Final Cut Pro Xでの4Kマルチカムストリームを最大11本まで同時に編集可能という。なお、GPUなどに変更はない。

 また、Touch Barを搭載したMacBook Pro 13インチモデルもCPUを刷新。第8世代Intel Core i5プ‍ロ‍セッサ(クアッドコア2.4GHz、Turbo Boost使用時最大4.1GHz)と、Intel Core i7プロセッサ(クアッドコア2.8GHz、Turbo Boost使用時最大4.7GHz)が選択でき、2018年モデルよりも若干だがクロック数が引き上げられた。

 なお、今回のアップデートではバタフライキーボードが改良されており、新素材を採用することで入力に関する問題を改善したようだ。併せて、これまで発売されたすべてのMacBookシリーズで、改良されたキーボードに交換する無料プログラムを発表している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]