logo

アマゾン、従業員に宅配会社の起業促す--約110万円と給与3カ月分のインセンティブ

Ben Fox Rubin Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2019年05月14日 13時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは2018年、顧客により早く商品を届けるために、自社の荷物を配送する事業を立ち上げる起業家を支援するプログラムを開始した。

 そして同社は米国時間5月13日、この「Delivery Service Partner」プログラムをさらに拡大し、自社の従業員の参加を促すことを明らかにした。

Amazon
提供:Smith Collection/Gado/Getty Images

 Amazonは、このプログラムに参加した従業員に起業資金として最大1万ドル(約110万円)を支給する。また、Amazonを辞めて配送パートナーになる従業員を増やすためのさらなるインセンティブとして、額面給与の3カ月分に相当する金額を支給するという。

 このパートナーシッププログラムは、自社の配送能力を大きく高め、荷物をより早く届けることを目指す取り組みの一環だ。Amazonは4月に、米国の「Amazonプライム」会員向けに提供している2日以内の無料配送サービスを翌日無料配送に変更する意向を明らかにしており、そのことも配送インフラ強化の必要性を高めているだろう。

 Delivery Service Partnerプログラムが開始された2018年6月以降、200を超える新しい小規模企業が誕生し、数千人の配送ドライバーが雇用されたとAmazonは述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]