logo

初公開時の「Minecraft」、ブラウザーでプレー可能に--10周年記念で

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2019年05月09日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Minecraft」は、ひそかに近づいてきてきて「シューッ」という音を立てて爆発し、せっかく作った建物や地形を破壊するクリーパーが導入されるまでは、きわめて基本的な要素しかないゲームだった。こんなリリース当初のMinecraftの世界を、誰もがブラウザーで楽しめるようになった。

提供:Microsoft/Screenshot by CNET
提供:Microsoft/Screenshot by CNET

 このサンドボックスゲームの開発元であるスウェーデンのMojangは現地時間5月7日、2009年5月17日の初リリース当時のMinecraftを再現した「Minecraft Classic」を公開した。

 「Minecraft Classicはブラウザーで実行可能になった。そして、これが公開された理由はまもなく明らかになるだろう」とMojangのTom Stone氏はリリースの中で述べている。「組み立てに使えるブロックは32種類しかなく、昔のバグも、生みの親しか愛してくれないほどひどい(インター)フェースもすべて再現されている。2009年当時のMinecraftは、われわれが記憶していたよりもはるかに素晴らしいゲームだ!」

 2014年に25億ドル(当時のレートで約2700億円)でMojangを買収したMicrosoftは米国時間5月6日、「Pokemon GO」と同様の拡張現実(AR)を活用したモバイル版ゲームを、Minecraftが初公開されてからちょうど10周年にあたる5月17日に発表することを明らかにし、そのティーザー映像を公開していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]