logo

FOD、気象情報に合わせて広告配信--「お天気ターゲティング」を提供開始

加納恵 (編集部)2019年04月22日 14時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フジテレビジョンは、博報堂DYメディアパートナーズと連携し、「FOD見逃し配信」にてユーザーの地域データを活用し天気や気温等の気象情報に合わせて広告を配信する「お天気ターゲティング」の提供を開始したと発表した。

「お天気ターゲティング」イメージ図
「お天気ターゲティング」イメージ図

 お天気ターゲティングは、FODが提供する動画配信サービスアプリ「FOD」の視聴前アンケートによる、国内47都道府県ユーザー地域データと、日本気象協会提供の気象情報を掛け合わせ、ユーザーの地域の気象情報に合わせた広告を配信するというもの。

 利用可能な気象情報は、天気予報、最高最低気温、花粉情報、紫外線情報、素肌乾燥情報。最高気温が一定以上を超える地域のユーザーには冷たい飲み物の広告を、雨が予想される地域のユーザーには雨の日限定の広告を配信するなど、“気象情報”に合わせて消費者に適切な情報を届けられる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]