logo

LINEとスタバがデジタル領域で提携--全店舗でLINE Pay導入、スタバカード発行も

山川晶之 (編集部)2019年04月08日 11時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEとスターバックスコーヒージャパンは4月8日、2018年12月に締結したデジタル領域における包括的業務提携の内容について発表した。

キャプション
(左から)LINE代表取締役社長CEOの出澤剛氏、スターバックスコーヒージャパン代表取締役最高経営責任者の水口貴文氏
キャプション
LINEスターバックスカード。LINE Payからチャージして店舗での支払いに利用できる

 今回の提携は、決済機能を含む「LINEスターバックスカード」の提供、公式アカウントによるリアル店舗のようなコミュニケーション体験の提供、LINE Payの全店舗対応の3つを提供するもの。両社とも、デジタル領域での“ぬくもりのある”コミュニケーションを目指しており、1年間の協議を経て、提携に至ったという。

キャプション
今回の取り組みの概要

 LINEスターバックスカードは、「My Starbucks」への会員登録なしにLINE上から数タップで発行できるバーチャルカード。LINEのウォレットタブにある「マイカード」からアクセスでき、LINE Payを使った決済のほか、My Starbacksへの登録なしにロイヤリティプログラム「STARBUCKS REWARDS」にも参加できる。「Star」を集めることで、ドリンクやフード、コーヒー豆と引き換え可能だ(こちらはMy Starbucksへの会員登録が必要)。

キャプション
リワードプログラムに参加できる
キャプション
LINEスターバックスカードは、My Starbucksでの登録なしにLINEから数タップで発行可能

 スターバックスの公式アカウントでは、新商品や季節ごとのおすすめ情報などを配信。今後1対1でのコミュニケーションも可能となり、配信する情報をユーザーごとにパーソナライズできるとしている。そのほか、お気に入りの一杯を探せる「カスタマイズ」機能や、メニューに困ったときにおすすめの商品と出会える機能を提供する。

キャプション
公式アカウントは、パーソナライズされた顧客接点を実現
キャプション
ユーザーごとにおすすめ商品をレコメンドする

 LINE Payの店舗導入は、2018年末より東京都内と福岡市内の一部店舗でテスト運用を実施。2020年夏ごろまでに全国の店舗での導入を目指しており、最終的にはスターバックスのPOSとLINE Payを融合した形で展開するとしている。また、今回の提携とは別の話になるものの、アプリを使った事前注文については2019年末までに導入を予定しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]