logo

WhatsApp、自分をグループに追加できる人を制限可能に--プライバシー設定を更新

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2019年04月04日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メッセージアプリの「WhatsApp」が、グループに関する新たなプライバシー設定と招待システムを導入した。本人の同意なくグループに追加されるのではなく、誰が自分をグループに追加できるのかを設定できるようになる。WhatsAppは米国時間4月3日のブログ記事で、グループ向けの新しいプライバシー設定について説明している。

提供:Chesnot / Getty Images
提供:Chesnot / Getty Images

 グループに自分を追加できる人を設定するには、アプリで3つのオプション(誰でも可、連絡先のみ可、全員不可)からいずれかを選択すればよい。追加できる人を制限する設定を選択している場合、自分をグループに追加しようとしている人から招待リンク付きのプライベートメッセージが届く。招待のリンクの期限は3日間だ。

 WhatsAppは、「新しいプライバシー設定は本日から一部ユーザーに向けて展開を開始する。最新版のWhatsAppを利用しているユーザー向けに、今後数週間で世界的に提供していく」としている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]