logo

「アレクサ、燃えるゴミの日はいつ?」--アマゾン、自分専用スキルを“たった5分”で作れるツールを公開

藤井涼 (編集部)2019年03月26日 16時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アマゾンジャパンは3月26日、プログラミング不要で自分だけのAlexaスキルを作り、オリジナルの質問や回答を楽しめる個人向けツール「Alexa Skill Blueprints」を公開した。自身で考えた質問と回答を盛り込むことで、誰でも簡単に独自のやり取りを楽しめるようになるという。

自分だけのAlexaスキルを作成できるツール「Alexa Skill Blueprints」
自分だけのAlexaスキルを作成できるツール「Alexa Skill Blueprints」

 スマートスピーカー 「Amazon Echo」シリーズを持っていれば、Alexa Skill BlueprintsのウェブサイトにPCまたはスマートフォンでアクセスして、テンプレートの手順に従いながら空欄を埋めていくだけで、自分だけのスキルを作ることができる。

 当初は、以下の8つのテンプレートを用意しており、今後も順次追加していくという。

  • 「誕生日」:お祝いのメッセージを画像と音声付きで送れる
  • 「ありがとう」:ありがとうのメッセージを画像と音声付きで送れる
  • 「お祝い」:お祝いのメッセージを画像と音声付きで送れる
  • 「春のお便り」:新生活に向けてメッセージを画像と音声付きで送れる
  • 「カスタム Q&A」:Alexaとカスタマイズした質疑応答ができる
  • 「トリビア」:選択回答式のトリビアゲームを作れる
  • 「フラッシュカード」:単語帳などを作って音声で勉強できる
  • 「ルーレット」:Alexaに家事の当番を選んでもらったりできる

 テンプレートにはあらかじめサンプルが入力されており、そのまま使用したり、自由に変更したりできる。たとえば、春のお便りのスキルを作るときは、読み上げる声のタイプを「Alexaによる読み上げ」または「自身の声の録音」から選んで内容を入力後、背景画像などを選んでスキル名を登録するだけで完了する。実際に試してみたところ、ものの5分で作れてしまった。

「春のお便り」のスキル作成画面
「春のお便り」のスキル作成画面
Amazon Echoに「春のお便りを開いて」と話しかけると、作った内容が読み上げられた
Amazon Echoに「春のお便りを開いて」と話しかけると、作った内容が読み上げられた

 個人的に活用シーンが多そうだと感じたのが、カスタム Q&Aだ。こちらは質問内容と回答の文章を入力するだけで登録できるスキルとなっており、「燃えるゴミの日は何曜日?」「洗剤はどこにある?」「今日のおやつは?」「お母さんの誕生日はいつ?」など、ユーザーごとに便利だと思うQ&Aを自由に作ることができる。一度作った内容を変えるだけなら1分もかからない。

「カスタム Q&A」の作成画面
「カスタム Q&A」の作成画面

 作られたスキルは、ワンクリックでユーザーのAmazon.co.jpのアカウントに紐づいたAmazon Echoデバイスで即座に利用できる。また、作成したスキルはメールやSNSで友人に共有することが可能。ただし、カスタム Q&Aだけは1つのアカウントのみでの使用に制限されている。

 アレクサビジネス本部の柳田晃嗣氏によれば、日本を含めてAlexa搭載デバイスの出荷数は1億台を超えているという。現在、日本では2500を超えるスキルを利用でき、そのうちの98%が日本製なのだという。

2500以上のAlexaスキルが日本でも利用できる
2500以上のAlexaスキルが日本でも利用できる

 Alexa Skill Blueprintsは米国では2018年5月に公開されており、たとえばフラッシュカードを機能を使って学習した子供の成績が上がったといったポジティブな声も寄せられていると説明。「ゲームを作ってホームパーティで楽しんだり、お祝いのメッセージでサプライズをしたりできる。皆さんの生活の中にBlueprintsが浸透してほしい」と思いを語った。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]