logo

国産の長編VRミステリーアドベンチャー「東京クロノス」が発売

佐藤和也 (編集部)2019年03月20日 19時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MyDearestは3月20日、VRミステリーアドベンチャーゲーム「東京クロノス」を発売した。対応プラットフォームはOculus Rift、 Oculus Go、Steamで、各ストアに掲示されている価格は3980円。

「東京クロノス」
「東京クロノス」

 本作は、360度広がるVR空間に最適化された新しいビジュアルノベルUIや立体音響システムを活用し、“画面の向こう側に行くADV”をコンセプトとし、世界最長クラスとうたうオリジナルのVRミステリーアドベンチャーゲーム。監督は「楽園追放 -Expelled From Paradise-」のモーション監督を務めた柏倉晴樹氏、シナリオは「今夜、君に殺されたとしても」などのミステリー作家である瀬川コウ氏、キャラクターデザインはイラストレーターのLAM氏、プロデューサーは「ソードアート・オンライン」などのライトノベル編集者としても知られる三木一馬氏をはじめ、さまざまなクリエーターが参加。事前のクラウドファンディングでは、国内外から1800万円以上を集めたという。

 なお、3月23日と24日に開催される「Anime Japan2019」にてブースを出展し、製品版デモ試遊とグッズ物販を実施予定。また、7月にはPlayStation VR版をリリース予定。Oculus Questにも対応するという(時期未定)。

(C)2018-2019 MyDearest Inc. All Rights Reserved.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]