logo

鉄道会社が初の「PayPay」導入--湘南モノレールが定期券などで

西中悠基 (編集部)2019年03月14日 16時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 湘南モノレールは3月14日、キャッシュレス決済サービス「PayPay」を、3月16日より導入すると発表した。

湘南モノレールの車両
湘南モノレールの車両

 湘南モノレールは、神奈川県鎌倉市の大船駅と、藤沢市の湘南江の島駅を結ぶモノレールを運営する鉄道事業者だ。今回PayPayによる決済が可能となるのは、大船駅と湘南江の島駅の各窓口。大船駅では、定期券や1日フリーきっぷなどの購入時に利用可能。湘南モノレールグッズの購入にも利用できる。また、同社が経営するボウリング場においても、プレイ代金などの決済で利用可能となる。

 湘南モノレールによると、PayPayを導入する鉄道事業者は、日本では同社が初めてだという。同社は、現金決済に加えQRコード決済を導入することで、利用客へのサービス向上に繋げるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]