logo

ネイン、ヒアラブルイヤホン「Zeeny」に高音質モデル--臨場感増す「HDSS」搭載

加納恵 (編集部)2019年03月14日 13時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネインは3月14日、LINEやメールが音声で聞けるイヤホン「Zeeny(ジーニー)」に、高音質タイプのBluetoothイヤホン「Zeeny(All BLACK)NA2ALLBLACK」を追加すると発表した。高音質技術「HDSS(High Definition Sound Standard)」を備え、ドライバの特性をいかした高音質再生を実現する。発売は3月15日、税込価格は1万2960円になる。

「Zeeny(All BLACK)NA2ALLBLACK」
「Zeeny(All BLACK)NA2ALLBLACK」

 Zeenyは、専用アプリ「Zeenyアプリ」と組み合わせることで、音声だけでメールやSNS等の新着メッセージの通知確認、現在時刻、次の予定を確認できるなどの機能を採用した、音声UIヒアラブルイヤホン。スマートフォンを取り出さずに操作できるため、歩きスマホの減少にもつながる。

 Zeeny(All BLACK)は音声UIの機能をそのままに、高音質技術HDSSを搭載。HDSSは、米国のTBI Audio Systems(TBI)が基礎開発をした、音質向上技術。「ETL (Embedded Transmission Line) 」と呼ばれる音響モジュールを、イヤホン筐体内のサウンドドライバー背面に設置することで、内部の圧力を一定に保ち、温度変化、再生音、残響、定常波などの影響を受けず、音源に忠実な再生ができるとしている。

 これにより、AACやQualcomm aptXさらに10mmドライバーの特性を最大限に生かし、普段聞いている楽曲を、より臨場感豊かに再生することが可能。音声調整アプリ「Spicetone」を使えば、好みの音質設定も手軽にできるとしている。

 オーディオコーデックはaptX、AAC、SBCに対応。約2時間30分の充電で、約8時間の使用が可能だ。全長は約86cm。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]