logo

MIT、バク宙できる小型4本足ロボット「Mini cheetah」を開発--時速8kmで歩く

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、後方宙返りできる小型4本足ロボット「Mini cheetah」を開発した。

後方宙返りができる(左上から時計回り、出典:MIT/YouTube)
後方宙返りができる(左上から時計回り、出典:MIT/YouTube)

 このロボットは、以前開発した四足歩行ロボット「Cheetah 3」の小型版。Cheetah 3は大きく重く、専用設計した特殊な部品などを使用しており、扱いにくかったそうだ。

 研究チームは設計を見直し、小型化、軽量化するとともに、市販の安価な部品を組み合わせて機能するようにしたという。その結果、重さは20ポンド(約9kg)と軽くなり、軽快な動きが可能になった。また、宙返りに失敗するなどして損傷しても、部品交換で容易に修理できるとしている。

市販の部品を使い、小さく軽く改良(出典:MIT)
市販の部品を使い、小さく軽く改良(出典:MIT)

 4本の足は自由度が高く、上下逆さまになっても歩くことが可能。静止した状態からジャンプして後方に360°宙返りするほか、人間の2倍という時速約5マイル(約8km)で歩ける。

開発したロボットの紹介ビデオ(出典:MIT/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]